私は1塁で寝たいと思う~マンガ「買いたい新書」第9回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.9  1塁

私はピッチャーでもないのに、
盗塁を許してしまった。
というかピッチャーでも塁自体を盗まれることはまずないだろう。


その後、娘たちは、1塁を少しだけ取り合ったが、すぐに飽きて全く触らなくなった。


そしてそのままリビングに放置していたら、
妻に、ものすごく邪魔だと言われた。

なので私はベッドに1塁を置いて、完全に枕として寝ている。


見る夢は。
高校球児になってマネージャーといちゃつく夢だ。
いや、嘘をついた。


夢など見ない。


本気の枕として使うと一塁はちょっと高すぎて硬く、寝づらかったからだ。途中から普通の枕にしたらよく眠れた。


ニトリさんごめんなさい。
やっぱり1塁コーナーは作らなくていいです。


しかしながら軽い昼寝にはもってこいだと今も思う。
だから今回も言わせてもらおう。

と。

 

TAGS

この記事をシェア