ブランドバッグ、買うのとレンタルするのとどちらがトクか比べてみました

日々持ち歩いているcoachのバッグ。柄満載で一目でcoachとわかります。

ブランドバッグが好きな女性は少なくありません。高級品を持つことが自身のステイタスにもつながるかのように感じる人もいますが、高値の品には手を出しづらいもの。けれどそんな女性への助け舟にもなる、ブランドバッグを月額でレンタルできるサービスがあるので、利用してみました。

年に1度のブランドバッグ購入

私は年に1個、coachのアウトレットショップでバッグを買い、1年かけて使い倒します。四隅が擦れ、持ち手が取れかけてきたら買い替え時。2万円台のバッグは、私にとって正直高いですが、柄が好きだし、アウトレット品なのでブランドバッグの中ではかなり安め。それに12ヶ月で割ったら月々2000円程度だし、自分へのご褒美にこれくらいいいじゃないの、と言い聞かせています。

こんなささやかな暮らしをしていた私ですが、ある日、禁断のサイトを知ってしまいました。それは、好きなブランドバッグを月額6800円でレンタルできるというところ。一瞬「高い!」と顔をしかめます。何しろcoachなら月額2000円程度ですから、映画を3本も観れちゃいます。しかもレンタルなので手元に何も残りません。ダメダメ! そんなお高いの、と言いかけたところに「初月無料」の文字! で、タダだったら一度くらいお試ししてもいいかしら、と登録してしまったのです。

タダで高級品がやってきた!

ルイ・ヴィトンの「ポンヌフ」。隅にさりげなくあるブランドロゴが素敵です。

私はヴィトンも好きです。革の味わいが上品で素敵ですが、何しろ高い!バッグは10万円以上するものも多いので私には高嶺の花。そのヴィトンが、タダで借りられちゃうんですって!? なんだか悪いわ、でもせっかくだから、そうね、丸みがあって可愛らしいポンヌフというハンドバッグをお願いしちゃおうかしら、と申し込み、2日後にはもう届いたのです。

正直最初は戸惑いました。このバッグ、元値は10万円以上するのです。レンタルなので誰かが使ったらしき形跡はうっすらあるとはいえ、黒くツヤッツヤに輝いていて、かなりの美品! それをタダで使わせていただくこちらは恐縮するばかり。

ドキドキの外出体験

注意書きには「濡らしたり汚したりした場合、数万円を支払っていただく場合があります」と書かれています。そんなことになったら2年間はcoachバッグを買えません。 怖いなと思いつつ出かけたくてウズウズしてきたので、フリマサイトで800円で買った紺のワンピースと一緒に外に出てみました。

駅のホームに立った時の、知らない女性が鋭い目線をバッグに投げてきたときの、晴れがましさ! 他の女性の持ち物をチラッと見て、相手の財力やセンスを推し量るクセがある女性が多いと思うのですが、きっと普段よりも財力もセンスも上乗せされたのではないでしょうか。

さよならなんて、したくない!

黒革に金のファスナーが付いた小ぶりのヴィトンバッグは、私の持っているどんなお洋服にも合い、心底使い勝手も良いのです。私の手にぴったりと寄り添い、駅のトイレの中でもどこでも一緒に行ってくれるので、使うほどに「ほ、欲しい、これを自分のモノにしたい!」という欲求がムラムラ。そこを突くかのようにサイトから「気に入ったのなら購入もできますよ。本当は11万円のところを今なら初心者割引で9万円で」とメッセージがやってきました。

価格を見て、言葉を失います。アウトレットのcoachバッグが4個も買えてしまうじゃないですか。とても手が出せず、泣く泣く返送用の箱にバッグを戻しました。封をしようとした瞬間、身を切られるようなさみしさに襲われます。私たち、こんなに仲良くやっていたのに、どうしてさよならしなくちゃならないの? 、いつかお金ができたらきっとあなたを買い戻すからね!と心に固く誓ったのでした。

見栄も上昇志向も好奇心も

ルイ・ヴィトンの「ポンヌフ」。名残惜しくてたくさん写真を撮ってしまいました……。

このバッグレンタル、ハマっている女性は結構いるようで、インスタグラムにもバッグを合わせたコーデ画像が何点も投稿されています。ランチ会やパーティーなど、出かける機会が多い人には便利そうです。

使ってみて、魔法をかけられたシンデレラ体験ができる画期的システムだということはよくわかりました。高い物は買えないの、という女に「さあこれを持って出かけておいで」とハイブランドバッグが渡されてしまうのです。バッグでコンプレックスを抱いてきた人はそれを解消できます。しかも今月はエルメス、来月はシャネルなどとチェンジも可能なので、たくさん高級バッグを持っているかのように錯覚させる離れ業までやってのけられます。

大事な存在はすぐ近くに

意外と重かったとか、財布が出し入れしづらいとか、実際持ち歩かないとわからないことはたくさんあります。そういう意味でもお試しレンタルは、多くのブランドを気軽に試せるのでにセンスアップにはなりそうです。とはいえ私は、夏場はペットボトルの中味がレンタル品に漏れたり、ゲリラ豪雨に見舞われたら弁償沙汰かもしれない、などと考えると、やはり怖いのです。

バッグのレンタルをあきらめたその時、部屋の隅でじっと出番を待つcoachバッグが目に入り、胸がキュンとしました。この子なら、私が水や雨に濡らしても、黙ってついてきてくれるのです。なんてありがたいのでしょうか。この子は私の大切な相棒なのですね。。当たり前のようにいつもそばにいてくれる存在への感謝って、ついつい忘れがちですもんね。coachバッグを買ったのは4月なので、来年の3月まで大事に使い、一緒に時間を過ごしていくつもりです。

 

連載

TAGS

この記事をシェア