妻は僧侶、夫はクリスチャン「きっとすぐに離婚する」と反対された「宗教が違いすぎる夫婦」

「私たちが結婚を決めたとき、『きっとすぐ離婚する』『3年ももたないだろう』と、多くの人から反対されました」

今年で結婚9年目を迎えるふたりは、口を揃えて、こう言います。

なぜ、ふたりは周囲から結婚を反対されたのか。それは、「妻は仏教徒」「夫はクリスチャン」だったから。「異宗教婚」は、すべての人から祝福されることはなかったのです。

神と仏を信じる者が、ひとつ屋根の下で、いったいどうやって暮らしているのか。価値観の違いから、いさかいが起きはしないか。

それを知りたくて、ご夫妻が住む兵庫県の尼崎市を訪ねました。

極めて珍しい「僧侶」の妻と「クリスチャン」の夫

夫の豊来家大治朗さん(左)はクリスチャン。妻の露の団姫さんは僧侶

一児の母である露の団姫(つゆの・まるこ)さん(32)は、上方の女性落語家であり、天台宗の僧侶。

団姫さんは高校時代に法華経と出会い、その教えに強い感銘を受け、出家を決意。結婚後の2012年、比叡山行院にて60日間に及ぶ過酷な四度加行(しどけぎょう)を修習。正式な天台僧となりました。

現在は“落語家 兼 尼さん”として、仏教落語を創作しながら布教に努めています。

夫の豊来家大治朗(ほうらいや・だいじろう)さん(41)は、継承する者が極めて少ない太神楽(だいかぐら)曲芸師。日本で唯一、危険な「剣の輪くぐり」を披露できる希有な芸人さんです。

大治朗さんは芸の行き詰まりに悩み、2009年にプロテスタント系教会の門を叩き、洗礼を受けました。

女性落語家と太神楽曲芸師、それぞれの存在が、すでに珍しい。さらに「仏教徒」と「キリスト教徒」どうしの結婚という超レアケースな夫婦なのです。

「自分はクリスチャンだ」と言いだせず悩む日々

「尼さんとクリスチャン男性が結婚した例は、私が知る限り、過去にないですね。お坊さんがクリスチャンの女性と結婚した例ならあるようです。ただ、お坊さんは檀家さんの猛反対にあい、寺を追いだされたと聞いています」(団姫さん)

僧侶とクリスチャンの結婚は、やはり厳しいタブー視にさらされる現実があるようです。

そんな異教徒のふたりが出会ったのは2010年の夏。名古屋にある大須演芸場でのことでした。演芸場の玄関先を掃いていた団姫さんは、共演者である大治朗さんと挨拶を交わし、その瞬間「自分はこの人と結婚する!」と直感したのだそう。

「不思議なんです。まったく好みじゃなかったし、ファッションセンスもダサかったのに。なぜか惹かれてしまって」(団姫さん)

ひと目惚れをしたのは団姫さんだけではありませんでした。

「僕も初めて団姫の姿を見たとき、『自分はきっとこの人と結婚するんだ』と感じました。ショートカットが似合っていて、キュートで可愛くてね。ショートカットと言っても、今ほどショートではなかったですが(笑)」(大治朗さん)

こうして大治朗さんから団姫さんへ愛の告白メールを送り、おつきあいがスタート。しかしこの時点ではまだ、双方が仏教徒とクリスチャンだとは明かしていません。デートを重ね、言葉を交わすうちに、大治朗さんは、団姫さんが「僧職」を目指していると知るのです。

「団姫は『いずれ比叡山で修行をしたい』と、想いを熱く語りました。それを聞いて、僕は怖じ気づきました。自分自身が『他の宗教の方とは結婚できない』という考え方にとらわれていたので」(大治朗さん)

団姫さんが「仏教の魅力」を語れば語るほど、大治朗さんの背中には冷たい汗が流れたと言います。

「結婚は無理だと思ったし、それ以前に『おつきあいを続けることさえも難しいのでは』と悩みました。僕がクリスチャンだとわかったら、きっと彼女にフラれるだろうと。そのようなことがあって、洗礼を受けた身だとは明かせなくなったんです」(大治朗さん)

「宗教が違っても、それぞれの親を敬おう」

会うたびに瞳を輝かせ、仏教の素晴らしさを説く団姫さん。愛する彼女の言葉に微笑みつつ、いずれくだされる審判を恐れていた大治朗さん。そんなある日、団姫さんは勘づいたのです。「大治朗さんはクリスチャンではないか?」と。

「私の誕生日に、大治朗が『団姫と出会えたことに感謝します』というメールをくれたんです。感謝? 30代のおっちゃんにしては文面が洋風でロマンチックやなって。それで、ピンッときました。『この人、クリスチャンや』って。大治朗が教会で祈りを捧げる姿が、パッと頭に浮かんだんです」(団姫さん)

「あなた、もしかして、クリスチャンじゃない?」。団姫さんがそう問うたとき、大治朗さんは「隠すつもりはなかった。関係が壊れるのが怖くて言いだせなかった」と、なんと土下座までして詫びたと言います。

しかしながら、団姫さんは彼氏がクリスチャンである事実に、むしろ安心感をいだいたのだそう。

「私は大治朗が信仰を大切にする人だとわかって、ほっとしました。そして、これまで以上に『おつきあいを深めたい』と感じたし、結婚だってできると思ったんです。私にとっては信仰心がない人と結婚する方が無理だったから」(団姫さん)

宗教が違っても、ともに歩もう。団姫さんの言葉を受け、大治朗さんはプロポーズ。団姫さんは「私にとって親はお釈迦様。彼氏にとって親はイエス様。宗教は大きく異なるけれど、好きになった人の親を敬うのは当然だ」と、喜んで申し出を受け入れました。ビビビ婚(古!)は、こうして成立しつつありました。

しかし……結婚への準備を進めようとするふたりは、想像をはるかに超える反対と批判の声を浴びる日々となるのです。

周囲は猛反対。「別れろ」と匿名の手紙まで届く

「結婚は強く反対されました。『価値観が違いすぎる』『破綻は目に見えている』『3カ月で離婚する』と。牧師様のなかには僕を強く叱る人もいました」(大治朗さん)

人々が反対した「価値観の違い」という理由。それはまさに「宗教の違い」を意味していました。

「聖書には『釣り合わぬくびき』という言葉があるのです。『くびき』とは二匹の牛が荷車を引くためにつなぐ木の棒のこと。牛がそれぞれ違う方向を見ていては、くびきの位置が安定せず、荷車が前へ進まない。そのように、あまりにも宗教観が吊りあわないと、夫婦はうまくいかない。だから『ダメだ』と諭されました」(大治朗さん)

「私も反対意見は、各方面からいただきました。『非常識だ』『身内も布教できないくせに、よく僧職に就けるな』と批判されたし、『別れなさい』って、脅迫状に近い匿名の手紙まで届きました。葬儀屋さんからも『この仕事を30年近くやってきたけれど、これほどまでに宗教が違って、うまくいった夫婦を私は見たことがない』と言われました」(団姫さん)

そういった批判の声は、2人が結婚した後も止まなかったのだそう。

「知らない人からも『妻が坊主頭って、旦那さんがかわいそう』『尼さんになるより子どもを産むほうが先じゃないのか』とまで言われて。さすがにそれは家で泣きましたね。それはもう宗教の問題と関係ないやん。差別やんって」(団姫さん)

筋を通すために結婚式は2回

むろん、ふたりとも周囲の理解を得るための努力は怠りませんでした。団姫さんの言葉を借りるなら「双方の親」に筋を通すために、それぞれの信仰にのっとり、結婚式は仏前式と教会式の2回、挙げているのです。

「延暦寺での結婚式を希望したのは僕です。団姫を護ってくれているお釈迦様に『彼女を幸せにする』と報告をしたかったから。それは団姫も同じ考えでした。『イエス様に誓いたい』と言ってくれたんです」(大治朗さん)

そうしてふたりは結婚し、団姫さんは頭を丸めたのです。

「赦し」の心がないと、やってられへん

気になるのは、やはり、宗教間の違いが暮らしに及ぼす支障。いざこざが起きる場合もあるのでは。

「私は何事にも、きっちりと計画を立てるタイプなのです。けれども、大治朗はホントに行き当たりばったり。私が『無計画すぎるんやないか』と注意をすると『聖書の中に、明日のことを思い悩む必要はありません、と記されている』と言うんです。しかも牧師様のように、すました表情で。ほんま腹立つ(笑)。『ちょっとは思い悩め!』って言い返しています。イエス様の『赦し』の心がないと、やってられへん」(団姫さん)

やはり小さな意見の相違はある様子。それでも9年ものあいだ、大きな”宗教戦争”は起きていません。周囲の「3年で離婚する」との予測を裏切ることができたのは、それぞれの信仰の教義や、対峙する姿勢を評価しあう意識にあるようです。

「団姫の布教への取組みと、勉強熱心な部分には、いつも触発されます。仏様の教えが記された本を熱心に読み、書き写していて。僕はのんびりしてしまうので、その姿を見て背筋が伸びます」(大治朗さん)

「私も『双方の親を敬う』という考え方があるので、クリスマスもしっかりやります。たとえば、大治朗がクリスマスの日に仕事があって礼拝に行けなかったので、かわりにケーキを焼きました。教会型の」(団姫さん)

「お葬式」はとてもシビアな問題

さて、最後に、聞きにくいけれども、避けては通れない質問をしなければなりません。どちらかお亡くなりになった場合、お墓やお葬式はどうするのでしょう。

「結婚を決めたときに、結婚式の内容よりも先に話し合いました」(大治朗さん)

「お墓は、宗教の違いを超えた、代々継承しない『夫婦墓』に入ろうと決めました。正直に言って、実家のお墓には、お互いに入りづらいのです」(団姫さん)

なるほど。お墓は宗教を超え、一代限りのものとして解決したようです。

ただ、多くの人を巻き込んでしまう「お葬式」となると、ふたりだけの問題では済まされません。

「そうなんです。お葬式はとてもシビアな問題で……。実は、お葬式をどうするかは、結婚を反対された大きな理由のひとつでもあるのです。お葬式に対する考え方は、クリスチャンのなかでも違います。『仏式のお葬式には一切参列しない』『参列はしてもお焼香はしない』『合掌はしない』など、それぞれに意見が違います」(大治朗さん)

クリスチャンが、お経を聴き、数珠を手にする。確かにそれは「神に背く行為だ」と、とがめる人がいるのも事実です。

「僕は仏式のお葬式に参列もするし、お焼香も合掌もします。クリスチャンといえども、日本で暮らしている限りは仏教や神道の文化に触れざるを得ないですから。ただ、それゆえに僕の考えを否定される場合もありました」(大治朗さん)

「そうしてふたりで話し合い、お葬式は、“亡くなった側の宗教”でやろうと。大治朗が死んだらキリスト教式。私が死んだら仏式。ただ、これはもう、双方ともに周囲からめちゃめちゃ反対されましたね。『あべこべだ』『喪主に従え』って。でも、それぞれが死後に向かうべき場所へたどり着くためには、この選択しかないと思うんです」(団姫さん)

「それぞれが死後に向かうべき場所」。確かに仏教の「極楽」とキリスト教の「天国」では、観念が異なります。その点は、ふたりの間でどのように消化したのでしょう。

「結婚を反対された理由のひとつに『死んだら、もう出会えない』という意見がありました。キリスト教の天国と仏教の極楽では、場所や概念が違いますから。ただ、天国には信者でなくとも入れる『異邦人の庭』という名の場所があるそうです。そこくらいまでなら、私は大治朗に会いに行けるのかな」(団姫さん)

なんという、あたたかな答え。そして、たとえ宗教が違っても幸せに暮らそうと努めるふたりは、まさに天台宗の教え「一隅を照らす」存在だと感じました。

「いやぁ、お墓に入る頃には、お互い『もう顔も見たくないわ』って、心変わりしているかもしれませんね(笑)」(団姫さん)

 

TAGS

この記事をシェア