レンタルと購入、どっちがお得? 自分に似合う洋服を「定期配達」してくれるサービスを比べてみました

写真はイメージ(Photo by Getty Images)

わがままさえ言わなければ、そこそこのデザインのそこそこの質の中古の服がフリマサイトで激安で手に入るこの頃ですが、やはり頭をもたげてくるのは「今よりもうちょっとオシャレになりたい!」という女心。でも忙しくてお買い物に行く時間がないし、どんなお店に行ったらいいのかわからない! そんな人には、似合う洋服を選んで送ってくれるサービスがあるのです。

「レンタル」だと汚してしまいそうで気が気じゃない

私がまず利用したのは、洋服のレンタルサービス。月々約1万円の料金で、トップス+ボトムのセットコーデとワンピースの3点を1ヶ月借りることができます。最初は1万円は結構高いなと思っていたのですが、届いた絹のような手触りの新品らしきワンピースに3万円台の値札が付いているのを見て、一瞬で「これならモトを取れる!」と感じました。

憧れメーカーの服が多く、それらは素晴らしくオシャレで着心地も良かったのですが、私は「これは借り物だ」という意識が頭から離れず、食事しても決してカレーを食べないなど、かなり気をつかってしまいました。汚したら洋服の価格の一部を負担することになっていたのも、緊張の一因だったと思います。

悪夢のサイズアウトに涙を飲む

気に入った服は会員価格で購入もできたのですが、結局私は1着も買えないまま、3ヶ月で利用を終えました。退会の決定打はあるメールのやり取り。届いた品の感想を書く欄に私が「ちょっときつかったです」と素直に書いたところ、衝撃的な返信メールがやってきたのです。

「お客様のサイズに見合うようなこれ以上のサイズの服は、こちらではほとんどご用意がありません」というような、残念すぎることが書かれていたのでした。

でも、例えば同じサイズにしても、メーカーによってゆったりしたものとタイトなものとがあります。その時私が着たのは小さめのデザインだったから、ちょっときつく感じただけだからぁっ!

……と必死に主張したくなりましたが、あがくのも恥ずかしいので、「わかりました!痩せてからまた戻ってきますね!」と余計な一言をメールに添えて、私は立ち去ったのです。

試着だけなら送料全品0円!

しばらく傷心の日々を送っていた私ですが、またまたフルコーデを送ってくれるサービスを見つけてしまいました。今度はレンタルではなく、新品の品ばかりが届くというもの。しかも前述のサービスはなかった靴まで付いてくるようです。

なによりもすごいのは、試着してみて1点も購入せずに返品したら、代金も送料も一切かからないというところ。送料にためらう庶民には、とてもありがたいはからいです。

購入システムの定期配達サービスの箱の中身

レンタルシステムだと、気に入らない服ばかりが届いた時でも、料金が約1万円発生してしまいます。他の服に交換してくれますが、結局は毎月必ず1万円が引き落とされる仕組み。対して、購入システムのほうは、気に入らなかったら0円です。不用ならばお代はいただきません、というのは、潔いではありませんか。

自宅でおひとりさまファッションショー

この洋服配送サービス、私はもう9ヶ月も続けています。毎回複数のメーカーの服が詰まっているので、いくつもの店舗をハシゴした気分になれるのがとても楽しいのです。これを利用するようになってから実店舗で試着をする回数は確実に減りました。

量も多く、例えば今月だと、ニット、トップス、スカート、ワンピース、靴の5点が入っていました。自宅で鏡を見ながら行うおひとりさまファッションショーも、毎月のお楽しみです。

料金設定を選べるので、私はフルコーデ1万5000円以下の激安プランにしています。そうすると、なんと1600円のトップスや1999円の靴や3900円のコートなどが送られてくるんです。この価格なら、いいなと思えば気軽に購入できますから。

今まで購入したものは、かかと部分が銀ラメでかわいいショートブーツ(3999円)と透け感のあるパンプス(2149円)と、黒レースのスカート(3780円)の3点のみで、合計9978円。

レンタルサービスの1ヶ月分の料金で、9ヶ月もひとり着せ替えを楽しんでしまったわけですから安すぎます。たった9978円では、9回の往復送料分にすらならないだろうし、申し訳なくないくらいですね。

もう春なのに、冬物のスカート到着!?

このサービス、AIではなく人間がコーディネートしているのですが、先日は、もう春だというのに、フェルトを重ね合わせたかのような分厚いスカートが入っていました。商品名にも「あったか裏地付き」と。そんな謎のセレクトも時にはありますが、大抵は旬なデザインのかわいいものが送られてくるので毎回楽しいです。

あと、ここは特記したいですが、私はMサイズとLサイズの間くらいなのでサイズをLとしているのですが、登録しているウエストやバストのサイズもチェックされているらしく、しばしばMを送ってくれる、心にくいところも好きです。しかもちゃんとフィットするんです。

レンタルシステムではデブ宣告を受けてしまいましたが、購入システムのほうは「君は本当は太ってないよ」と言ってくれているような気がして、それだけでゴキゲンになれちゃいます。

私には購入システムのほうが経済的だったので、そちらを選びました。でも、高級ブランドの服を短期間レンタルして着回したい人は、レンタルシステムのほうがオトクに感じることでしょう。

どちらであっても、誰かが私の顔写真(事前に登録します)や体のサイズに合わせて似合いそうな服を選んでくれているのがいいんです。このスペシャル感がたまらないので、まだまだやめられそうにありません。

 

連載

TAGS

この記事をシェア