平成が終わる前に優勝したい~マンガ「買いたい新書」第7回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.7 優勝トロフィー

閃いてしまった。圧倒的に。

そして数日の時が過ぎ…

(そもそも連絡先を知っているのが一人しかいない)

私は優勝していなかった。

優勝したように信じ込んでいたが、

実はだいぶ前からしてないんじゃないかなぁとは思っていたのだ。

しかしあの日、あの夜

年末に戯れる人々がいる駅の階段を、優勝トロフィーを持って降りたあの気持ちは、

紛れもなく凱旋だった。

はっきり言って私は主人公だった。そう思う。

その後すぐに魔法が溶けた私の優勝トロフィーは現在部屋の片隅にぼんやり立っている。

すごく邪魔だ。

特に思い入れもないのに、優勝トロフィーというだけで、なぜか捨てづらい。

いや、しかしやはりこのトロフィーは私に教えてくれた気がする。

優勝というものの真の意味を。

いつか本当に優勝する日までさようならだ。

パシャリ

 

TAGS

この記事をシェア