四角いあれでお酒を飲みたい~マンガ「買いたい新書」第6回

四角いあれでお酒を飲みたい~マンガ「買いたい新書」第6回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

おすし_スキットル01
おすし_スキットル02
おすし_スキットル03
おすし_スキットル04
おすし_スキットル05
おすし_スキットル06

買い物vol.6 スキットル

おすし_スキットル07
おすし_スキットル08
おすし_スキットル09
おすし_スキットル10
おすし_スキットル44
おすし_スキットル12
おすし_スキットル13
おすし_スキットル14
おすし_スキットル15
おすし_スキットル16
おすし_スキットル17
おすし_スキットル18
おすし_スキットル19
おすし_スキットル20
おすし_スキットル21
おすし_スキットル22
おすし_スキットル23
おすし_スキットル24
おすし_スキットル25
おすし_スキットル26
おすし_スキットル27
おすし_スキットル28
おすし_スキットル29
おすし_スキットル30
おすし_スキットル31
おすし_スキットル32
おすし_スキットル33
おすし_スキットル34
おすし_スキットル35
おすし_スキットル36
おすし_スキットル37
おすし_スキットル38
おすし_スキットル39
おすし_スキットル40
おすし_スキットル41
おすし_スキットル42
おすし_スキットル43

道程飲み会は、その一言とともにふっと闇に消えた。

日本の日常にスキットルの入り込む余地はまだないのかもしれない。

が、しかし。

たしかに私は満足だった。

 

この忙しき日々に、訪れたさやかな道程(みちのり)酒場。

また寄りたいと思っている。

 

手に持った銀色に輝く鏡面には、

ささやかな幸せをもらった私の顔が映っていた。

おすし_スキットル44

おしまい

TAGS

この記事をシェア