ペヤング専用ホットプレートが登場! カップやきそばが本当の「焼きそば」になる

ペヤング専用ホットプレートが登場! カップやきそばが本当の「焼きそば」になる
「焼きペヤングメーカー」とペヤング

カップやきそばというけれど、実は焼いていないーー。そんな矛盾を解決すべく開発されたのが、焼きそば専用ホットプレート「焼きペヤングメーカー」。ペヤングが大好きな一人の30代男性の発案から生まれました。

開発したのは、生活家電の販売などを手がけるライソン(大阪)。ペヤングを製造販売するまるか食品に協力を依頼し、コラボ商品を企画しました。来年3月の販売を予定していますが、それに先立ち、11月末からクラウドファンディングサイト『Readyfor』で先行販売のキャンペーンを開始します。

ライソン広報の柏原清享さんは「一人暮らしの人にぜひ使ってほしい。おひとりさまにはちょうどいい分量だと思います」と語っています。

ペヤング専用ホットプレート1
「焼きペヤングメーカー」

「ペヤング」をより美味しく!

使い方は簡単。まず、付属の計量器ではかった適量の水をプレートに張ります。そして、電源を入れ、沸騰するまで待ちます。

ペヤング専用ホットプレート2

沸騰したらペヤングの蓋を開け、麺と付属のかやくをホットプレートに入れます。

ペヤング専用ホットプレート3
ペヤング専用ホットプレート4

下半分が「しんなり」してきたら、麺を裏返します。

ペヤング専用ホットプレート5

水気が少なくなったら、ハシで麺をほぐします。そして、水気がなくなるまで、じっくりと炒めます。二重のフッ素樹脂加工のプレートなので、焦げ付きにくいとのことです。

ペヤング専用ホットプレート6

炒め終わったら、電源をオフに。ソースをまんべんなくかけて、全体によく絡ませます。

ペヤング専用ホットプレート7

付属のふりかけとスパイスをかければ完成! 普通のカップやきそばとは一味違った、香ばしく本格的な焼きそばが出来上がります。

ペヤング専用ホットプレート8

ライソン広報の柏原さんは「焼いているため水気が残らず、麺はもちもちです。また、ソースを吸収するので、中まで味が染み渡っておいしいんです」と語っています。

ペヤング専用ホットプレート9
通常のペヤングとの比較

この「焼きペヤングメーカー」は2980円(税抜き)で販売予定。今回のクラウドファンディングでは、500円安い2480円で販売されます。抽選で30人にペヤングのロゴが入った箸がプレゼントされるとのことです。

「ひとり焼きそば試してみて」

ライソン広報の柏原さんによると、ペヤング専用ホットプレートを発案したのは、37歳の営業担当社員だったといいます。

「ひとりの男性社員がペヤングが大好きだったんです。ある時、カップやきそばというけれど、実は焼いていないという話になりました。実際にフライパンで焼いてみると、とてもおいしかった。そこで、おいしい焼きそばを作るために、1日に5食も10食も食べながら温度調節などを研究し、ペヤング専用のホットプレートを開発しました」

また、一人暮らしの人にこそ、このホットプレートを使ってほしいと話します。

「特に一人暮らしの方にはおすすめです。普段調理するのが面倒で、カップやきそばを食べる人は多いと思います。そんな時、一手間かけるだけで、香ばしくおいしい焼きそばが出来上がります。家で急にお腹が空いたとき、『ひとり焼きそば』をぜひ試してみてください」

合わせて読みたい

TAGS

この記事をシェア