離婚して家事や子育てを放棄した妻 「自由」を手に入れて思うこと

離婚して家事や子育てを放棄した妻 「自由」を手に入れて思うこと
写真はイメージ

家事や育児がずっと嫌いだった。離婚して一人で実家に帰ったおかげで、子どもの世話は元夫がするし、家事は母親が全部やってくれる。やっと家事・育児から解放された。離婚してよかった――。

「女性の自由と孤独」をテーマに、女装する小説家・仙田学がさまざまな女性にインタビューするこの連載。今回は、離婚を選択して家事・育児から自由になったノリコ(42)の話を聞く。

娘を残して家を出たノリコ

「離婚する直前は、完全にうつ状態になってたよ。1年悩んだけど。いま思うと人生のどん底やった」

クリームソーダに浮かんだ氷をストローでかきまわしながら、ノリコは笑った。その笑顔は小学生のようにあけっぴろげで、でもどこか頼りない。

「離婚したいって言って、離婚届を置いて出ていったんよ。中学生の娘も置いてった。その頃はもう、家の中にいても娘と会話はなくて、LINEでやりとりしてたわ。まわりからは、娘捨てたって責められた。でもな、自分がしっかりしてないと子育てなんてでけへん。娘は娘で『母なんていらんよ』ってゆうとった。私がいなくなったらやってけんのかって気持ちもあったよ」

離婚時に最大の焦点となりやすいのが、子どもの親権をどちらが持つかということだろう。夫婦間で話がもつれて調停や裁判となった場合、日本では圧倒的に母親が親権を持つことが多いとされている。父親に親権がいくことは珍しいのではないだろうか。

「元夫がなんで娘を引き取ったのかというと、娘を人質にして私に戻ってきてほしかったんやと思う。ただ元夫は、ちゃんと子育てしてる様子がなくてね。娘はずっと放任されてご飯もひとりで食べてたみたいで、すごく痩せちゃったんよ。来年から高校生なんやけど、生気が感じられへんっていうか、寂しそうやし」

離婚時に元夫に引き取られた娘とは月に1度の面会を続けている。もし娘が一緒に暮らしたいと言いだしたときには「受け入れる準備はできている」と、ノリコは言う。娘から言いだすのを待っているのだと。

ノリコと娘の関係に、私は言い知れない違和感を覚えた。実の親子らしくない距離感を感じるのだ。その一方で、娘への愛情はひしひしと伝わってくる。

「そう言われると、私とお母さんのこと言われてるみたい。あんまり嬉しくないけど」

笑顔を残したまま、ノリコは声のトーンを落とした。

ノリコと母親の関係

私たちは、JR大阪駅の構内にある、壁がなく天井が吹き抜けになったカフェにいた。風のよく通るこの店では、同じテーブルにいる相手にでも声を張らなければ言葉が届かない。

私は、ノリコと母親の関係について、少し声を大きくして聞いてみる。

「実家は愛媛で、おじいちゃんは小学校の校長で地元の名士。私は一目置かれる家の子で、『誰からも愛されるいい子でいなさい』って言われて育った。勉強ばっかりさせられてきたんやけど、高校受験して進学した後に弾けてん。学校さぼって悪さばっかりしてた。そしたらお母さん、手の平を返したようになって、『お前を殺して私も死ぬ』って、2人でいるときに追いかけ回したり、包丁振り回したり。周りに言っても『嘘やろ? おかしいのはお前やろ』って信じてもらえへんかった」

その頃のノリコはかなりグレていたらしい。無免許でバイクに乗り、校内でタバコを吸い、グループで喧嘩をした。傷害事件や器物損壊で、留置所に入れられたことも。殺人以外は何でもしたという。毎日のように母親が学校へ呼び出された。

噂が地域に広まったため、もう愛媛にはいられないと父親は転勤を願い出た。一家で大阪に引っ越すのだが、ノリコは家出を繰り返すようになる。友達や彼氏の家に転がりこんでも、すぐに母親に連れ戻された。精神病院に入院させられたり、除霊に連れていかれたりしたこともある。

「元夫と出会ったのはその頃やったよ。友達の友達やってんけど、身内で不幸があったとかで落ちこんでてね。私が支えないとって思った。大手の会社でちゃんと働いてるし、門限までに家まで送ってくれるし、家族も安心したみたい。正直、恋愛感情はなかったけど、『これで家から出られる』と思って、24歳のときに結婚したいって自分から言ってん」

「娘が生まれたのは26歳のとき。子どもは勝手に育つって思ってたわ。自分が育てられたのと真逆の育て方しようって。自由に生きてほしいって。子どもが1歳になったときにコールセンターの契約社員の仕事を始めて、7年間フルタイムで働いたよ。家事・育児もやりながらね。実家の母親に子育てを手伝ってもらったりもしてたんやけど、元夫はそれが面白くなかったみたい。その頃から、元夫と実家の関係が悪くなってね。私はあんまり気づかなくて、ひたすら良い妻・母・子どもを演じてた」

離婚した妻_1
離婚を選択して、家事や育児から解放されたノリコ

自由を手に入れたノリコ

ノリコが起業を志したのは、あるスピリチュアル系のセミナーに行ったことがきっかけだった。我慢することはやめて自由に生きたい、と強く思った。

とりあえず名刺を作り、働きたい人・起業したい人向けの職業マッチングサービスの事業を立ち上げた。枠にとらわれずに生きている人たちとの出会いも増えた。その一方で、元夫との気持ちのずれは広がっていく。

「『おれは我慢して仕事してるのに、お前はやりたい事ばかりやってる』って。ちょうどその頃から子どもが小学校でいじめられるようになって。『死にたい』言うてんのに誰も重く受け止めへん。元夫も、先生も。腹立って学校や教育委員会に怒鳴りこんだら、警察を呼ばれたけどね。元夫は守ってくれなかった。逆に『おまえ病院行ったほうがええよ』って。離婚しようって初めて思った。でも元夫は同意しなくて。私ストレスで心不全になって、心肺停止状態になったんよ」

意識を取り戻して退院してから、ノリコは家のなかで居場所がないと感じるようになった。うつ状態になって家のことができなくなり、不登校になった娘と2人で、家のなかで寝て過ごす日々が続く。

「人生のどん底にいたよ。1年くらい経ったところで我慢できなくなって、離婚届と娘を置いて、実家に帰ってん。実家は一番帰りたくないとこやったけど、母親は『よう帰ってきたな。待ってたで』って。そしたら私、涙が出てきてな。ああこの人に愛されてるねんなって、生まれて初めて感じた」

3カ月間の離婚調停を経て、親権は元夫が持つという条件でノリコは離婚した。実家に戻って半年ほど経つうちに、眠れるようになり体調も回復して、仕事もできるようになった。

「私はやっと母親の子どもになれたんやと思う。やり残してきたこと、逃げてきたことに向きあおうって思えるようにもなった。『嫌なことは嫌って言う』とか『ちゃんと喧嘩する』とかね。母親に反抗するってことがそれまでの人生の原動力やったけど、これからは自分のやりたいことをしようって。そしたらね、母親はすんなり受け入れてくれてん。それからは安心して、他の人たちにも本音で話せるようになった」

離婚をして家事や子育てを放棄することで、やっと母親の呪縛から逃れることができたノリコ。反抗をやめて自由を選んだ彼女は、これから娘とどんな関係を築いていくのだろう。

ノリコの背中から、長い年月をかけて手に入れた自由を読み取ってほしいーー。風の吹き抜けるカフェでぬるくなったコーヒーをすすりながら、私は会ったことのないノリコの娘のためにそう願った。

SERIES

TAGS

この記事をシェア