どこでも「ひとり空間」作り出すウェアラブル端末 「新しい働き方」に対応

「WEAR SPACE(ウェアスペース)」を装着した人

オフィスやカフェ、コワーキングスペースなどで仕事に没頭したいとき、周囲の音や人の動きなどが気になって集中できないということはありませんか。そんな悩みを解決するために開発が進められているのが、ウェアラブル端末「WEAR SPACE(ウェアスペース)」です。

パナソニックで新規事業の開発などを手がける「FUTURE LIFE FACTORY」と株式会社Shiftall(シフトール)が合同で進めるこのプロジェクト。10月2日より、資金調達のためのクラウドファンディングが始まりました。

周囲の「ノイズ」を排除する仕組み

頭の周りをグルっと取り囲む斬新な形状の同品。周囲の「ノイズ」を遮断することで、ひとりで集中できる空間を作り出します。

頭を囲むパーティションは、装着時に左右の視界を狭め、周囲の人の動きや光などの煩わしい視覚情報を遮ることが可能です。水平の視野を約6割カットすることで、目の前の作業への集中を促進します。会社などの人が集まるオープンな空間にいても、周囲との境界を作り出し、心理的にパーソナルな空間を生み出します。

ヘッドホンは、周囲の雑音を遮断するノイズキャンセリング機能を搭載。ヘッドホンが周囲の雑音を減らし、仕事に没頭しやすい環境を作ります。この他、スマートフォンやパソコンと接続できるBluetooth対応のワイヤレス通信機能もあるため、好きな音楽を聴きながら作業することもできます。

また、装着しているだけで周囲に「作業に集中していること」を伝えることができるのも特徴です。同僚に話しかけられて、集中力が途切れてしまうことを回避できます。

ウェアラブル端末「WEAR SPACE(ウェアスペース)」

背景は「働く環境の多様化」

パナソニックの「WEAR SPACE」プロジェクトの代表・姜花瑛(カン・ファヨン)さんによると、開発の背景には、「働く環境の多様化」があるといいます。昨今はオフィスのフリーアドレス化やコワーキングスペースの普及などによって、仕切りのないオープンな場所で働く人も増えてきました。

そうした環境はコミュニケーションが活発になる利点がある一方、他人の会話や動きによって集中が妨げられてしまうことがあります。「人の集まる場所でもひとりで仕事に集中したい」。そんな声に応えたいと思ったそうです。

集中力を高める「WEAR SPACE(ウェアスペース)」

目標額は1500万円

今回、スピード感のある開発を重視したパナソニックの「FUTURE LIFE FACTORY」が、子会社のShiftall株式会社に相談し、合同で進めることになりました。製品化のための資金はクラウドファンディングで調達します。

目標金額は1500万円。2万8000円からの支援が可能で、特典として支援額に応じた台数の同品が提供されるということです。Shiftall株式会社の代表・岩佐琢磨さんは、次のように将来の展望を語っています。

「働き方改革の中、コワーキングスペースなどオープンな環境で仕事をする方が増えています。そんな皆さんがどこでも集中して仕事ができたらと考えました。新しい働き方には、これまでになかった発想が求められていると思います。『WEAR SPACEがあれば、どこでも働ける』。そんな社会を目指したいです」

TAGS

この記事をシェア