おひとりさまが入りやすい店「引くドアはOK、押すドアはNG」に納得の声

おひとりさまが入りやすい店「引くドアはOK、押すドアはNG」に納得の声
「おひとりさま」を自認する『おひとりさま専用Walker』の編集者・中村茉依さん

ひとりで外食をする「おひとりさま」にとって、入りやすい店の特徴とは? 東京スカイツリーの天望デッキで9月18日夜に開催された「おひとりさま」対象のイベントで、そんな議論がありました。

「ひとりの過ごし方を考える~ソロ活の達人になろう~」と題されたイベント。雑誌「おひとりさま専用Walker」の発行元であるKADOKAWAと、「ひとりを楽しむ」をコンセプトにしたウェブメディア「DANRO」(朝日新聞社)が、東武タワースカイツリーの協力を得て共同で主催しました。

会場は、東京スカイツリー天望デッキのレストラン「Sky Restaurant 634(musashi)」。一般募集で集まった約30名の男女が、同店考案の「おひとりさま専用メニュー」を食べつつ、おひとりさま専用Walkerの編集者・中村茉依さんとDANROの亀松太郎編集長の話に耳を傾けました。

イベントの様子をまとめた動画

おひとりさま界ではいま「回転寿司」がアツい?

亀松編集長はイベントで、事前に参加者から集めたアンケート結果をもとに話を進めました。アンケートの「ひとりでも入りやすい店とは?」という設問に、参加者の過半数が答えたのが「カウンターのある店」でした。

一方、自身も「おひとりさま」だという中村さんが挙げたのは、「扉が手前に引くタイプか、横に引くタイプの店」。中村さんによると「押すドアは店に一歩入ったことになっちゃうから、『やばいな』と思ったとき逃れられない」のだとか。「だから押すドアの店は遠慮しとこうと思っている」とコメントすると、会場からは笑いが起きると同時に、「あー!」と納得する声もあがっていました。

「ひとりの過ごし方を考える~ソロ活の達人になろう~」
イベントで提供された、おひとりさま専用Walkerコラボ「おひとりさまプラン」。2018年10月1日から19年1月31日まで、レストランで注文できる。

おひとりさまのための「行きつけの店」に関する話題では、亀松編集長が、平日の昼に回転寿司の店に入ったところ、自分以外の全員がひとりで来ている女性客だったというエピソードを紹介。アンケートでも行きつけの店として「回転寿司」を挙げている人がいました。

中村さんは「回転寿司は、お寿司のファストフードみたいな感覚。好きなだけ食べて、さっと帰れる」と分析し、『おひとりさま専用Walker』でも現在、回転寿司店を取材していることを明かしました。参加者の女性のひとりは、「サイドメニューとかデザートも美味しい。お寿司だけじゃないから、その日の気分で楽しめる」と、回転寿司の魅力について説明していました。

ちなみに特に入りやすい店としては、参加した男性からも女性からも回転寿司チェーン「スシロー」の名が挙がりました。

「ひとりの過ごし方を考える~ソロ活の達人になろう~」

また、参加者へのアンケートで「あえて行きつけの店をつくらない」という答えがあったことに、中村さんは賛同していました。

中村さんは「常連客同士の仲がよすぎて、旅行のお土産を交換しあうようになったらダメだなと思っています」と説明。「そうならない絶妙な範囲の、『このお客さんまた来てくれたの』と思われるくらいの店をいくつか用意して、そこをルーティンでぐるぐる回るくらいがちょうどいい」と、店との距離感に関する持論を熱弁すると、会場では再び笑いが起きていました。

TAGS

この記事をシェア