「うなぎタレかけ」がほしい~マンガ「買いたい新書」第4回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

買い物vol.4 うなぎタレかけ

うなぎタレかけコーヒー注ぎ

何回にも分けて注いだコーヒーは適温で、
ほんのりマイルドになっていた。

美味しい。
嘘じゃない。本当に美味しかった。


しかし同時ににある想いもこみ上げてくる。

2度目の「で?」だ。

2度目の「で?」はほろ苦い味がした。


どうやら私の恋は終わった。
いい恋だった。


気づけばもう平成最後の夏も終わろうとしていた。


さようならだ。


そしてやはり言わせてもらおう。

おしまい

TAGS

この記事をシェア