自ら土に埋まり「ミイラ」になった僧侶たち――今も崇拝される「即身仏」の魅力

「新編 日本のミイラ仏をたずねて」の著者・土方正志さん

「ミイラ仏(ぶつ)」と聞いて何をイメージしますか。夏の怪談? 仏像の一種? ミイラ仏とは「即身仏」ともいわれ、自ら土の中に入って亡くなり、その後ミイラ状態になった僧侶です。国内で確認されているミイラ仏は18体。そのすべてを訪ねてまとめた『日本のミイラ仏をたずねて』(1996年、晶文社刊)はかつて、参拝のガイドブックや小説の参考文献となるなど話題になりました。

この本を著したのは編集者の土方正志さん。今年7月、『新編 日本のミイラ仏をたずねて』(天夢人刊)として復刊するにあたり、あらためて現地を再訪し、最新の状況を追記しました。長年にわたりミイラ仏の取材を続ける土方さんに、その魅力について聞きました。

出版を記念したイベントで話す土方さん(右)。即身仏の貴重な写真に、会場は沸いた

――ミイラ仏とは何でしょうか?

土方:飢饉や病気に苦しむ人々を救おうと、自ら土の中に入ってミイラ状態になり、仏となった僧侶たちで、即身仏とも言われます。長年山にこもり、木の実類だけを食べ、肉体の脂肪を落とします。死期が近づくと土の中にこもり、読経しながら息絶えます。3年3カ月後に信者たちによって掘り返され、乾燥されてから安置されました。

有名な平泉・中尊寺の藤原三代は、埋葬したら偶然ミイラになったものです。一方、即身仏には本人や信者の意思があります。「即身仏になって人を救済しよう」「即身仏を拝もう」という意思が即身仏をつくります。

現代は高齢化社会ですが死を間近に見ることは少ないです。「人の死をじっくり見たことはあるか?」と問いかけてくれるのが即身仏です。

実物は「あっさり、枯れている」

1968年の『週刊少年マガジン』のコピー。「ミイラはどこだ?」「にっぽん特だね探検」など、ショッキングな見出しが踊る

――出会ったきっかけは?

土方:小学生のころ雑誌かテレビで見たんでしょうね。1968年の『週刊少年マガジン』のコピーがありますが、「全調査 日本のミイラ」といったタイトルです。今では考えられない内容ですけど、日本のミステリースポットとして紹介されていました。実際に初めて見たのは、1992年の夏。『週刊プレイボーイ』の取材で行った、山形県鶴岡市の大日坊の真如海(しんにょかい)上人さんでした。

――実物はどうでしたか?

土方:びっくりしましたが、実物はあっさりして枯れている。「人間の干物」ですよ。「人の死体」が寺に安置されて、信者さんが普通に拝んでいる。死体をじっくり見ることなんてないですよね。不思議な感覚でしたね。

ミイラ仏は、それぞれ個性的な「死に顔」なんですよ。生きていた人が「ミイラ」になっているから顔つきが違うんでしょうね。現存最古の弘智法印さん(新潟県長岡市・西生寺)は、かわいらしい感じ。背中が丸くなって、昼寝をしているようなおじいちゃんみたいな。

舜義さん(茨城県桜川市・妙法寺)は、鎌倉時代の有力武士、三浦氏の子孫ということもあるのか、何かを叫ぶように、くわっと口を開き、吠えているようです。

『新編 日本のミイラ仏をたずねて』には、貴重な即身仏カラー写真が掲載されている

ハンサムなのは鉄竜海さん(山形県鶴岡市・南岳寺)。合掌した姿勢で、「即身仏はこうありたい」という理想的な形になっています。実は、この人は現存するもので唯一、外科的処置を施された即身仏です。明治時代に入って「即身仏」が禁じられましたが、官憲の目をかいくぐり、鉄竜海さんの死後に熱心な信者たちによって完成しています。内臓が摘出され、体内に石灰が詰められ、表面を乾燥させてあります。

ミイラ仏になったのは「ストイックな変わり者」

――どんな人たちが即身仏になったんでしょうか?

土方:変わり者でしょうね。断食して土に埋もれるなんて、ストイックな人たちには間違いない。「おひとりさま」だったことが怖くなかった人たちでしょう。真っ暗な土の中や石室にたったひとり。ひとりでいることを突き詰めて、悟りを得たのでしょう。精神的にタフじゃないと。

一方、即身仏になる人たちには色々な伝説がありますが、地域の人たちに深く崇拝され、助けてあげたくなるような人だと思います。即身仏になる人は、橋や道路を作ったり、飢饉の時には願をかけたりした話が残っています。「即身仏になってオレがみんなを救う」という願いに対し、その願いを知った信者が「うちの上人さまを即身仏にしてあげたい」と応えたんじゃないかな。

出版を記念したイベントで話す土方さん

たとえば、佛海さん(新潟県村上市・観音寺)や、鉄竜海さん(山形県鶴岡市・南岳寺)は、即身仏が禁止された明治に入ってからの人たちで、最後の様子はよく分かっていません。ただ、鉄竜海さんについては、山から港へ抜ける険しい道の改修にダイナマイトを使ったという記録や、それに対する感謝の碑が残っています。「鉄竜海さん、ありがとう」と思われた人なんでしょう。

人の遺体を即身仏にするには、すごく手間がかかる。志願者は餓死寸前の体で土中に入り、やがて死に至る。約3年待って発掘されますが、生乾きだったら、煙でいぶしたり、うるしを塗ったりする。それだけやってあげたいと思わせる人徳があったんでしょう。今、同じことをやったら、自殺幇助(ほうじょ)罪や死体損壊罪、墳墓発掘罪に問われますけれど。

出版を記念したイベントで話す土方さん(右)。対談したのは、幻想の世界に詳しいアンソロジストの東雅夫さん(左)

――今回の新編は、原著とはどう違うのでしょうか?

土方:初刊の『日本のミイラをたずねて』は1996年に出版されました。当時は30歳前後で若く、寺に寝泊まりして「寺男」として働きました。宿坊があった寺では、お膳や布団の上げ下げをしたり、お守りを作ったりもしました。そんな手伝いをしながら、同世代の僧侶たちと友達になりました。こういった人たちが守っているからこそ、即身仏は現代まで残っています。今回は新編を出すにあたり、守っていた人たちの人生を記録しようと、即身仏がある寺を再訪し、その様子をメモとして補足しました。

取材開始から約四半世紀たち、生きている私たちは年をとり、町も変わりました。しかし唯一、変わらないのが即身仏でした。四半世紀たって、即身仏を見たとき、自分が即身仏に近づいたんだと感じました。過去の人もこの感覚を感じたんじゃないかなと思います。我々が死んだ後も、守る人がいる限り即身仏はそのままいてくれると安心しました。

出版を記念したイベントで話す土方さん(右)。今は所在が分からず、写真だけが伝わる即身仏もある

――なぜ即身仏にひかれるんでしょうか?

土方:初めて取材した当時、4年かけて各地を回りましたが、「人は死んだらこうなるんだよ」という姿を、目に見える形で見せてくれている仏様なんだと思います。実物の即身仏は枯れているので、死はこんなもんかと思えると、そんなに怖くないです。年をとって死ぬとはこういうものなんだと感じさせてくれていると思うと、逆に気持ちが落ち着きます。

TAGS

この記事をシェア