焼肉のファストフード!? おひとりさま向けの焼肉店が新橋にオープン

ヤキニクの日(8月29日)にオープンする「焼肉ライク」

「ひとりカラオケ」や「ソロキャンプ」など、いまひとりで行動する「おひとりさま」が増えています。そうしたおひとりさまの間で人気なのが、「ひとり焼肉」です。

しかし、「ひとりで焼肉に行くのは、まだ抵抗がある」という人もいると思います。そんな人に朗報です。ひとり焼肉を楽しめる焼肉店「焼肉ライク」が8月29日、東京・新橋にオープンします。

運営するのは、「焼肉 kintan」や「やきとり家 すみれ」などの飲食店を展開するダイニングイノベーション。「焼肉のファストフード」と銘打ったこの店では、ひとりに対して1台の無煙ロースターが設置されるなど、おひとりさまに優しい店になっています。

3つのコンセプト

店内の様子。壁には牛のポスター

「焼肉ライク」では、3つのコンセプトをもとに、焼き肉の楽しみ方を提供します。1つ目のコンセプトは、「1人1台ロースター」。ひとりの客に対して、1台のロースターが設置されているため、自分のペースで自由に焼肉を楽しむことができるといいます。無煙なので、においや煙が気になるサラリーマンや女性の方も安心ですね。

2つ目のコンセプトは、「焼肉のファストフード」。焼肉屋定番の冷麺やユッケは置かず、焼肉、ごはん、ワカメスープ、キムチのみとシンプルなメニュー。注文を受けてから3分以内に料理が提供されるということです。

そして3つ目は、「自分だけのカスタム焼肉」。好みに合わせて、部位、量、タレを選べます。「今日はカルビを100g・醤油タレ、サガリを50g・塩タレ、ネギ塩タンを50g」といった頼み方ができるそうです。いろいろな部位を食べられるのは、おひとりさまにはありがたいですね。

「ザブトン&ハラミセット」

ヤキニクの日(8月29日)にオープン

オープンするのは8月29日の正午。この日は1日限定で、通常1210円の「カルビ&ハラミセット」が290円で食べられるということです。肉のほか、ご飯、スープ、キムチもついています。注文数が290食に達した時点で閉店するということなので、注意が必要です。

「カルビ&ハラミセット」。オープン日は1日限定で290円

「焼肉ライク」の有村壮央店長は、おひとりさま向けの焼肉店をオープンする狙いについて、次のように話しました。

「焼肉を好きな人は多いのに、どうしてひとりでは入りづらいのだろう。その疑問が、『焼肉ライク』が生まれるきっかけになりました。ひとりでも入りやすいお店を目指して、全21席のうち、17席はカウンター席とするほか、視線が合わないように仕切りを作るなどの工夫を凝らしています。10年で1000店舗の達成を目標としており、将来的には海外展開を視野に入れています」

店内の様子。向かいに座っている人と視線が合わないよう仕切りがある

おひとりさま向けサービスの需要が高まる中、「焼肉ライク」のようなひとりでも気楽に食を楽しめる店は、今後も増えていきそうです。

TAGS

この記事をシェア