コスプレ世界一はメキシコ代表、「ストリートファイター」必殺技を再現

コスプレ世界一はメキシコ代表、「ストリートファイター」必殺技を再現
輪っかに捕まってスピニングバードキックを再現したメキシコ代表チーム

アニメやゲームなどのキャラクターに扮したコスプレイヤーの世界一を決める「世界コスプレサミット(コスサミ)2018」のチャンピオンシップ大会が8月5日、愛知県体育館で開催され、メキシコ代表のバナナ・エド(Banana Ed)さんとバナナ・ルイス(Banana Luis)さんのチームが優勝しました。彼らは格闘ゲーム『ストリートファイター』のキャラクターになりきり、回転する道具を使うことで、ゲーム内で繰り出される必殺技を再現。会場を沸かせました。

【写真特集】ジョジョ、悟空、セーラームーン・・・世界各国の代表コスプレイヤーたち

コスサミは7月28日から8月5日まで、愛知県名古屋市とその周辺で開催されました。最終日の「コスプレチャンピオンシップ」には世界各地の予選を勝ち抜いた代表36チームが出場し、コスプレでのパフォーマンスに挑みました。

審査員は、アニメソングの歌手として有名な水木一郎さんや声優の古谷徹さん、ジャーナリストの津田大介さんら14名。ステージでのパフォーマンスや原作に対するリスペクト、衣装のステージ映えなどを基準に審査しました。

コスサミ決勝_2
2人とも身体能力が高く、ゲーム内の動きをうまく見せていく

卓越した身体能力でゲームの技を表現

優勝したメキシコ代表チームは、『ストリートファイター』の春麗(チュンリー)とダルシムに扮し、中国拳法や妖術の動きを、卓越した身体能力を駆使して表現しました。

圧巻だったのは、春麗の必殺技であるスピニングバードキック(ゲームでは頭を下にしたまま竹とんぼのように回転しながら飛ぶ)を再現した場面で、回転する遊具のような金属製の輪っかに入ったバナナ・ルイスさんが開脚したままクルクル回ると、会場から歓声があがりました。

コスサミ決勝_3
ステージ上には2人にしかいないので、見せ方にも工夫が必要となる

また、ゲームファンのあいだで有名なボーナスステージの「自動車破壊」も、紙のパネルを使って忠実に再現。パフォーマンスが終了すると、どのチームのパフォーマンスよりも大きな拍手が起こり、司会のひとりであるウサコさんは「やってほしいことを全部やってくれた」と絶賛していました。

審査結果は、3位のタイ代表、2位のインドネシア代表と順番に発表されました。司会のクリス・グレンさんは「ワールドチャンピオンは……」とドラムロールが鳴ったあとでひと息つくと、「もうわかっていますね?」と観客らに問いかけ、流れを止めました。そして「せーの!」と掛け声をかけると、会場がひとつなって「メキシコォォ!」と唱和しました。

コスサミ決勝_4
優勝の発表を聞いて、感激するメキシコ代表の2人

メキシコ代表チームは、グランプリの発表までにニコニコ動画の視聴者が決める「niconico賞」など8つの特別賞のうち5つを獲得しており、観客も納得の結果でした。バナナ・ルイスさんは「言葉にならない。1位になれるとは思っていなかった。ただ愛を込めて作っただけ」と驚きを隠せない様子でした。

合わせて読みたい

TAGS

この記事をシェア