「壮大なスペクタクル」北の巨熊 アンドレザ・ジャイアントパンダ

「壮大なスペクタクル」北の巨熊 アンドレザ・ジャイアントパンダ
入場するアンドレザ・ジャイアントパンダ
(2017年11月17日、東京都台東区の上野恩賜公園野外ステージ/新根室プロレス提供)

♪大きいことはいいことだ~

そんなCM(森永エールチョコレート)が流行したのは50年前の1968年。元号で言うなら昭和43年である。高度経済成長期の日本を象徴するように、作曲家の山本直純さんが満面の笑みで両手を振っていた。

本土最東端の北海道根室市。人口約2万6000人の港町にも「大きいことはいいことだ」を地で行った巨大レスラーがいる。身長3メートル、体重は500キロという「アンドレザ・ジャイアントパンダ」である。所属は、根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」(25人)。一見可愛い。だが、実は凶暴そのもの。必殺技は、目にも留まらぬ速さで繰り返されるヘッドバット(頭突き)と巨体を生かしたボディープレスだ。

アンドレザ_02
リングに上がるとファンからため息が漏れた

昨年7月30日、根室の隣の別海町であった大会に突然参戦。衝撃のデビューを果たした。巨体をどのように動かしているのかは秘密だが、「凄いものを見た!」「壮大なスペクタクル」「プロレスの怪しげな世界を反映した最高のキャラクター」などとSNSで瞬く間に拡散。テレビや各地の大会にスペシャルゲストとして参戦したが、今月7日には、九州プロレス10周年記念大会「筋肉山笠‵18」のシングルマッチに登場する。場所は福岡国際センター(福岡市博多区)。対戦相手は、自称・福岡の有名人「ばってん×ぶらぶら」である。

「熱い魂で街を盛り上げていきたい」

ここで、アンドレザについて簡単な説明をしよう。リングネームは「人間山脈」の異名でファンを沸かせたアンドレ・ザ・ジャイアント(身長223センチ)からつけた。「アンドレザ」のあとに「・」がつく。公式プロフィールでは2016年に中国・四川省で生まれた。「1カ月で1年分成長してしまう」という巨熊症を発症。パンダ界でいじめられ、森の中で死にかけていたところを、根室の水産加工会社で実習経験のある中国人の王さんに拾われ、根室との縁ができる。新天地を求め、2017年に来日したという。

今回、DANRO読者のためにインタビューを申し込むと、広報を通じてこんなメッセージを送ってくれた。「地理的に最果ての根室でも、文化や娯楽の最果てであってはいけない。熱い魂で街を盛り上げていきたい」

アンドレザ_大
ゴング直前。スタン・小林と対戦するアンドレザ・ジャイアントパンダ

取材を進めながら、アンドレザが所属する「新根室プロレス」の熱いハートにも触れることができた。コンブ漁師、酪農家、トラック運転手、銀行員……。全員が素人。リングを下りると、もう一つの顔を持っている。不景気に沈みがちな街を元気づけようと、中古のリングをネットオークションで100万円で落札。お金を出し合い2005年に「根室プロレス同好会」を結成。翌06年9月、「新根室プロレス」として旗揚げした。

「観戦は無料です。経費はメンバーが自己負担し、やりくりが大変ですが、小さな田舎町でもやればできるんです」と本部長の宮本賢司さん(45)=玩具店経営、リングネーム・オッサンタイガー=は言う。神社の境内や公園など露天の特設リング。流血など荒っぽさは売りにしていない。リング上で歌ったり、コミカルな踊りを見せたりすることもある。

プロレスには理屈を超えた力があるのだろう。本土最東端から現れた巨大レスラーも未知なる可能性を秘めている。行くのには時間がかかるが、実際に自分の目でその大きさを確認するだけの価値はある。7月20日には釧路管内の鶴居村、28日には根室管内の別海町でも試合がある。

TAGS

この記事をシェア