アラフォー独身、人気ライターの結婚観「一般的な幸せを求めるのは20代で諦めた」

アラフォー独身、人気ライターの結婚観「一般的な幸せを求めるのは20代で諦めた」

太宰治や村上春樹、星野源など100人の著名人になりきって文体模写をしたサブカル本『もしも文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』、通称「もしそば」シリーズは15万部も売れました。その著者の一人、神田桂一さんは今年40歳を迎えるフリーランスのライターです。

現在独身。SNSで婚活のアピールをしていますが、一方で「独身でいるデメリットはありません。結婚願望は2%」といいます。モテないわけではないし、全く結婚願望がないわけでもない。そんな神田さんに、アラフォー独身男性の恋愛・結婚観を聞いてみました。

結婚寸前までいった彼女がいたことも

“おはようございます。婚活DJアゲ太郎です”

“【ゆる募】嫁。”

神田さんがFacebookに書き込んでいる婚活系の投稿です。婚活は進んでいますかと聞いてみると、「してないです」という答えが返ってきました。かれこれ8年ほど彼女がいない神田さんですが、30歳のときに大きな変化がありました。

「20代後半から4年ほど付き合った女性がいて、結婚の話もありました。当時、僕は週刊誌『FLASH』の専属契約記者で、個人事業主だったんです。結婚するなら身を固めないといけないと思い、吉本興業に転職しました。ところが全然合わず、3カ月で退職。その後、彼女と険悪になり、フラれました」

ライター神田桂一さん
10年弱住む高円寺の好きなところは「パジャマに近い格好で出歩けることと、衣服も飲食店も個人店が多くて人情味があること」

アラサーで、仕事と彼女を同時に失ってしまった神田さん。その当時のことを「最悪の時期」と振り返ります。いったん全てのことをリセットすべく、海外へ放浪の旅に出かけました。

「トルコとエジプトに2カ月間滞在しました。その間は誰とも連絡を取りませんでしたね。商売道具のパソコンも持っていかず、ライターを本気で辞めようとも思いました」

帰国したのが32歳のとき。無職、彼女無しの状態でしたが、周りから声をかけてもらい、とんとん拍子に仕事が舞い込むようになります。

「雑誌のケトル、SPECTATOR、週刊金曜日、POPEYE、QuickJapanや、山本一郎さんのメルマガ、ドワンゴなどで仕事をするようになりました。30代中盤から後半にかけてどんどん仕事が増えていって。最近では『もしそば』シリーズも売れましたが、この流れを変えたくないと思ったんです。恋愛をすることで仕事に支障をきたすのがイヤでした」

ライター神田桂一さん
「お酒が飲めないため、飲み会には行きません」と神田さん。お茶するのが好き

恋愛をしないほうが仕事はうまくいく

20代で彼女がいたとき、仕事が停滞していたという神田さん。次第に、恋愛しないほうが仕事運は高まるのではと思うようになっていきました。

「付き合うと僕、甘えちゃうんです。自分がどんなにダメでも、認めてくれる人がそばにいると頑張らなくなってしまって。それに、彼女とこまめに連絡をとると時間が取られるので、仕事の妨げになったらイヤだなと思って。そのことを女性に話すと、『何その理由!?』と言われて理解してもらえませんが」

パートナーがいると仕事にいい影響が出る人がいる一方で、神田さんのように仕事と恋愛が反比例してしまう人もいます。でも、生涯独身だと寂しくないのでしょうか。

「この職業になった時点で、ろくな死に方はしないと思っています。一般的な幸せを求めるのは20代で諦めました。安定、安心という言葉には惹かれないですね。結婚願望は2%です」

0%ではなく、2%。全く結婚をしない予定ではなさそうです。

「お互い刺激し合える仲だったら、結婚してもいいと思っています。『専業主婦にはなってくれるな』とは思いますね。子どもは好きですが、自分の子どもはいらないですね。自分の分身は持ちたくないです」

ライター神田桂一さん
「『もしそば』で入ったわずかな収入で高円寺から同じ高円寺に引っ越しをしました」

独身でいることのメリット・デメリット

「実は、女性から言い寄られることも多いんですよ」と話す神田さん。でも、仕事や趣味を優先するため、お断りすることが多々あるといいます。女性からは「自分以外に興味がない」と言われることも多いのだとか。改めて、独身でいることのメリットとデメリットを聞いてみました。

「僕の場合ですけど、一番のメリットは自由に旅行に行けること。2カ月に1度は海外に行くのですが、恋人がいると『連絡しろ』とかうるさくて定期的に連絡しないといけないし、お土産を買わないといけない。そういうのが全部、面倒くさいんです。あと、PODCASTを爆音で聞きながら、寝落ちするのが至福のときでして。かれこれ10年以上続けている日課です。でも、結婚したらそれが出来なくなるのがつらい」

一方、独身でいることのデメリットは「全然ないです」と神田さん。「独身のほうが断然いいです」ときっぱり言います。

とはいえ、20代から30代になったときのように、環境が劇的に変化することがあるかもしれません。40歳を迎えるにあたり、今の心境を聞いてみました。

「不安は一切ないです。一度どん底を見ているので、もう怖いものがありません。40代は楽しみしかないですね」

TAGS

この記事をシェア

合わせて読みたい