聖徳太子の笏(しゃく)を持ちたい~マンガ「買いたい新書」第2回

聖徳太子の笏(しゃく)を持ちたい~マンガ「買いたい新書」第2回

これは、仕事と家庭に多くの時間を費やし 毎日を過ごすアラフォー男・室木おすしが 非日常を想い、自分だけの楽しみを探し求めて始めた 漠然とした買い物の記録である。

おすし2_01
おすし2_02
おすし2_03
おすし2_04
おすし2_05
おすし2_06
おすし2_07

買い物vol.2  笏(しゃく)

おすし2_08
おすし2_09
おすし2_10
おすし2_11
おすし2_12_0

こんな感じでした。

そして2週間ほど過ごしただろうか。
私は笏を持つ前には知り得なかった
知識を得ていた。

例えばこう。

おすし2_13
おすし2_14
おすし2_15

しかし、
一番身にしみて得たことは、

予想通りのことだった。

それは、もしかしたら
聖徳太子も
織田信長も
徳川家康も

思ったのかもしれない。

おすし2_16
おすし2_17
おすし2_18

おすし2_19

笏はすごい邪魔だった。

買う前からきっとそうだろうなと思っていた事だ。

だからなんだ。

笏を買う前の過去の私が、
「だから言っただろ!」
と言ってきたらこう言ってやる

「笏を買ってもいない奴に何がわかる!」と。

私はただの私ではない。
笏を買った私だ。

おすし2_20


おしまい。

合わせて読みたい

TAGS

この記事をシェア